パソコン修理・サポート・データ復旧の札幌ピーシードットコム 無線LAN ホームページ制作 データ復旧 お持込みなら診断・見積り無料 札幌PC.com

札幌PCドットコム

札幌市中央区南3条西21丁目2-2店舗へのアクセス

TEL.011-299-7887要予約・原則無休9:00-22:00

メールでのお問い合わせ・お持ち込みご予約

用語集。パソコン修理・サポートに必要な用語や、パソコン一般に使われる専門用語を解説します。

TOP > 用語集 > SSD(エスエスディー)
SSD(エスエスディー)[ソリッドステイトドライブ・Solid State Drive]

記憶媒体としてフラッシュメモリを用いるドライブ装置。

ハードディスクドライブ(HDD)と同じ接続インタフェース(ATAなど)を備え、ハードディスクの代替として利用できる。

SSDはハードディスクのようにディスクを持たないため、読み取り装置(ヘッド)をディスク上で移動させる時間(シークタイム)や、目的のデータがヘッド位置まで回転してくるまでの待ち時間(サーチタイム)がなく、高速に読み書きできる。

また、モーターが無いため消費電力も少なく、機械的に駆動する部品が無いため衝撃にも強い。

ただし、耐衝撃性は高いが、故障しないということではないので注意が必要である。

また理論上、書き込み制限回数があるので、ハードディスクに比較して、明らかな“寿命”が存在することも留意すべきである。

現在のところ容量あたりの単価は磁気ディスクよりSSDのほうが高額で、記憶容量が少ない製品が多い。

このため、頻繁にアクセスされるプログラムやデータをSSDに保存して、それ以外はハードディスクに保存するといった使い分けをしたほうがよいと考えられる。

一覧に戻る