パソコン修理・サポート・データ復旧の札幌ピーシードットコム 無線LAN ホームページ制作 データ復旧 お持込みなら診断・見積り無料 札幌PC.com

札幌PCドットコム

札幌市中央区南3条西21丁目2-2店舗へのアクセス

TEL.011-299-7887要予約・原則無休9:00-22:00

メールでのお問い合わせ・お持ち込みご予約

用語集。パソコン修理・サポートに必要な用語や、パソコン一般に使われる専門用語を解説します。

TOP > 用語集 > SATA(シリアルATA )
SATA(シリアルATA )[Serial ATA ]

SATAは、Ultra ATAなどのこれまでのATA仕様で採用されていたパラレル転送方式を、シリアル転送方式に変更したもの。

これにより、SATAではシンプルなケーブルで高速な転送速度を実現することができる。

従来はドライブごとに必要だったジャンパピンなどの設定もSATAでは不要になり、ハードディスクなどを接続すればすぐ使える。

SATA規格は、転送速度を高速化するなどして、最初の規格「Serial ATA 1.0(転送速度は150MB/s)」から、「SATA2(転送速度は300MB/s)」、そして「SATA3(600MB/s)」まで発展している。

コネクタに関しても、小型のものや外付けを想定したものなど、数種類のコネクタ形状がある。

一覧に戻る