パソコン修理・サポート・データ復旧の札幌ピーシードットコム 無線LAN ホームページ制作 データ復旧 お持込みなら診断・見積り無料 札幌PC.com

札幌PCドットコム

札幌市中央区南3条西21丁目2-2店舗へのアクセス

TEL.011-299-7887要予約・原則無休9:00-22:00

メールでのお問い合わせ・お持ち込みご予約

用語集。パソコン修理・サポートに必要な用語や、パソコン一般に使われる専門用語を解説します。

TOP > 用語集 > LAN(ラン)
LAN(ラン)[ローカルエリアネットワーク・Local Area Network]

LANとは、ある同じ建物やフロアなど、比較的狭い、限定されたエリアにおいて、そのエリアにいるユーザのために、そのエリアの管理者の責任で設置された通信ネットワークのことである。

LANの構築方法には有線を用いる方式と無線を用いる方式がある。

ケーブルを使わず、無線通信によってLANを構築する方式は、特に無線LANと呼ばれている。

銅線のツイストペアケーブルを用いるイーサネットでは、速度別の規格として、10Mbpsの10Base-T、100Mbpsの100Base-T、1GBpsの1000Base-Tなどが使われている。

ツイストペアケーブルの他に、同軸ケーブルや光ファイバなども使用される。

イーサネットで用いられるケーブルに対する規格としては、データ転送時の周波数に基づく「カテゴリ」と呼ばれる分類がある。

カテゴリは「1」から「7」まで決められており、カテゴリ5ケーブルでは100Mbpsまで、カテゴリ7ケーブルでは理論値ではあるが10Gbpsまでの速度で通信を行うことが可能である。

LAN用の通信プロトコルとして最も用いられているのはTCP/IPであり、広域のネットワークであるインターネットと同じである。

Windowsが主体となっている環境では、NetBEUI(NetBIOS Extended User Interface)あるいはNBT(NetBIOS over TCP/IP)が用いられる。

なお、LANに対して、電話回線やインターネットを使ってLAN同士を接続するネットワークの構築形態が、WAN(ワイドエリアネットワーク・Wide Area Network)と呼ばれている。

一覧に戻る