パソコン修理・サポート・データ復旧の札幌ピーシードットコム 無線LAN ホームページ制作 データ復旧 お持込みなら診断・見積り無料 札幌PC.com

札幌PCドットコム

札幌市中央区南3条西21丁目2-2店舗へのアクセス

TEL.011-299-7887要予約・原則無休9:00-22:00

メールでのお問い合わせ・お持ち込みご予約

用語集。パソコン修理・サポートに必要な用語や、パソコン一般に使われる専門用語を解説します。

TOP > 用語集 > ハードディスク
ハードディスク[ハードディスクドライブ・HDD]

記憶装置の一つ。今日においては概ね500GB~4TBなどの容量の製品が多い。

パソコンにおいては「補助記憶装置」として位置づけられている。

磁性体を塗布または蒸着した金属のディスク(「プラッタ」という)を何枚も重ね合わせた構造になっており、これをモーターで高速に回転させて磁気ヘッドを近づけてデータを読み書きする。

磁気ヘッドとディスクは10nm程度と非常に接近するため、振動に弱いので取り扱いには注意が必要。

ディスクの大きさは、ノートパソコン向けの2.5インチ、デスクトップパソコン向けの3.5インチがそれぞれ主流であるが1.8インチなどの製品もある。

コンピュータとの接続にはSCSIやIDE(ATA)、S-ATAなどがある。

コンピュータに保存されたデータは、基本的にすべてハードディスクに格納される。

よってハードディスクに障害が起きた場合には、データ復旧作業でなければ既存データを読み出すことができなくなる。

一般論としては、コンピュータを構成する部品の中で最も故障しやすいといえるだろう。

CD/DVDドライブなどと違い、コンピュータが動作している間は、常にモータやアクチュエータなどの機械部品が動作している部品なためである。

容量の表記について、製品の容量を表示する際には1000B(バイト)=1KB(キロバイト) 1000KB=1MB(メガバイト) 1000MB=1GB(ギガバイト) 1000GB=1TB(テラバイト)という計算によって表記されるが、Windowsなどのコンピュータ上では1024B(バイト)=1KB(キロバイト) 1024KB=1MB(メガバイト) 1024MB=1GB(ギガバイト) 1024GB=1TB(テラバイトの計算によって表示されるため、公称1TBのハードディスクをコンピュータ上で見ても、およそ930GB前後で表示される。

2012年10月現在、ハードディスクを製造しているメーカーは世界で3社となっている。

出荷台数の順にWestern Digital、Seagate、東芝の3社である。

ハードディスク製造メーカーは、過去から現在に至るまで、合従連衡を繰り返してきた経緯がある。

最近では日立グローバルストレージがWestern Digitalに、Samsungのハードディスク事業はSeagateに、それぞれ売却された。

一覧に戻る